CAREER キャリア

MESSAGE メッセージ

皆さんの豊かな人生を願い、
社員が成長できる
キャリアフィールド

自分自身の人生における自己実現のステージとして、
皆さんに総合メディカルを選んでほしいと思います。
目的をもち、主体的に物事に取り組み、実行に移す。
そのための努力を重ねることが、自己実現に繋がります。
専門薬剤師になって医療を支える薬剤師になりたい、
ブロック長となってマネジメントをしたい、
コンサルタントとなって病院を支えたいなど
キャリアアップキャリアチェンジをすることが大切です。
総合メディカルではその環境が整っており、
皆さんの自己実現を全力で応援します。

代表取締役社長
坂本 賢治 Sakamoto Kenji

CAREER FIELD 幅広いキャリアフィールド

総合メディカルは薬局事業においてキャリアフィールドが充実しています。薬局経営などマネージャーを目指す道、専門性を極める専門薬剤師の道が段階的に設定されており、薬剤師としてキャリアアップすることができます。また、医療機関のコンサルティングをはじめとした多角的な事業があるからこそ、総合メディカルだからできる幅広いキャリアフィールドがあります。本部系やコンサルタントへのキャリアチェンジも実現している社員が数多くいます。皆さんの歩むべきキャリアを実現してください。

CAREER STEP キャリアステップ

総合メディカルにはキャリアアップにおいて明確なステップが設けられているため、次の目標に向かって進むことができます。また、それぞれのステップにおいて研修や昇格審査があり、自らの意思でチャレンジし、成長することができます。

CAREER INTRODUCTION キャリア紹介

4つのキャリアフィールドで活躍する社員をご紹介します。タブを切り替えてご確認ください。

  • マネジメント
  • 専門薬剤師
  • 本部系
  • コンサルタント
薬局長 2013年入社
安井 裕美 Yasui Hiromi
  • 薬局長を目指した理由

    組織を動かすことで、結果を生み出し、患者さんや地域に貢献できる、よりよい薬局づくりに貢献したいと思ったからです。さらにその経験が自己成長に繋がると考えました。

  • 仕事内容

    大型店舗の運営をしており、患者さんとの信頼関係の構築や安心安全な医療の提供をしています。健康相談会や健康食品やサプリの販売を通じた予防医療の推進にも取り組んでいます。また、薬局長としてスタッフの人財育成も仕事のひとつです。

  • やりがい

    1つ目は患者さんからの感謝の言葉や、患者さんに薬の服用や治療に関する意識の変化が見られた時です。2つ目は店舗スタッフが前向きに課題に取り組んでくれ、それぞれの成長が見られたときや自分の働きかけで、店舗やブロック内で成果が出てきた時にやりがいを感じます。

ブロック長 2009年入社
平野 慎治 Hirano Sinji
  • ブロック長を目指した理由

    身近な先輩がブロック長として忙しいながらも楽しそうに働いている姿を間近で見てきた中で、30歳になった時に自分の残りの人生プランを考え、 薬剤師だけでなく、経営についても学び、経営に直接携わりたいという気持ちが大きくなったことがきっかけでした。

  • 仕事内容

    会社として向かうべき方向にブロックのみんなを導いていく仕事です。現場の声を聴き、支援、教育、指導もしながら、スタッフ全員が目標に向かって気持ちよく仕事できるようにサポートをしています。その中でもスタッフの成長を促していくことが一番大切な仕事だと思っています。

  • やりがい

    大分ブロックで現在64名のスタッフの人生を背負っているプレッシャーが逆にモチベーションになっています。 プレッシャーが大きい分、スタッフのちょっとしたことが、自分の喜びにつながっていくことが多いです。 また10店舗の薬局を管理していくうえで、間接的にではありますが患者さんを支え、社会貢献できていると実感します。この2つが大きなやりがいです。

専門薬剤師 2015年入社
足立 昇平 Adachi Shohei
  • 専門薬剤師を目指した理由

    がん患者さんのほとんどは抗がん剤治療を受けながら一般の社会で生活を送ります。そんな方々の不安に寄り添える一番身近な存在なりたいと思い専門薬剤師を目指しました。患者さんによりよい医療を提供するために、まずは薬局長としてマネジメント力を深め、その後専門薬剤師に転換しました。

  • 仕事内容

    担当している患者さんの外来がん治療を継続的にフォローアップしています。患者さんが安心して治療を続けられるよう知識と経験を重ね、今後は外来がん治療認定薬剤師の取得を目指しています。

  • やりがい

    副作用マネジメントする際に、副作用が出た時のアドバイスや副作用が出ないようにするための指導をきっちり行ったことで患者さんの負担を減らせたときに一番やりがいを感じます。また、私の得た知識・経験を伝えることで他の薬剤師も質の高い外来がん治療ができるように支援することを目標としていて、知識を得た薬剤師がまた次の薬剤師へ知識を広めていくという連鎖を生み出し、薬剤師の社会的地位がどんどん向上すれば嬉しいです。

専門薬剤師 2011年入社(中途)
金子 亜矢子 Kaneko Ayako
  • 専門薬剤師を目指した理由

    中途入社後、薬局長を経験し、2年半の出産育児休暇を取得。 復帰後、周りの医療知識やレベルの高さに圧倒され、自分の向上心に火が付き、薬のスペシャリスト=専門薬剤師なりたい!と思ったのがきっかけです。

  • 仕事内容

    店舗薬剤師としての通常業務と、専門薬剤師として社内・外で活動しています。社内活動としてはブロック内薬剤師の育成や在宅専門薬剤師として動画コンテンツを作成しています。社外活動としては認知症サポーター養成講座や製薬企業での講師や防災士としての講師なども行っています。

  • やりがい

    患者さんや多職種の方に薬剤師の職能をより浸透させるべく薬局内にこもっているだけではなく「薬局の外に出る薬剤師」を意識しています。現在、様々な分野での講演会や啓発活動など、貴重な機会をいただいており、今後も挑戦し続けたいと思っています。

経営戦略Gチーフ 2018年入社(中途)
鴨下 晶子 Kamoshita Akiko
  • 現在のキャリアを目指した理由

    学生時代に海外を旅した際、体調不良がおきると海外の人はまず薬剤師に相談していました。日本の薬剤師も海外のように信頼され、世間から一目置かれる存在になってほしいと思い、現状の日本の薬局業界になにか変化を起こせないかなと思ったのがきっかけです。

  • 仕事内容

    3年後はどうなのか5年後はどうなのかという長期的な目線で、足りてない部分を各部門にアラートを鳴らすのが経営戦略Gの役割です。そのアラートを鳴らすための判断材料を過去、今期の実績をもとに作成しています。また、来期の予算作成に向けた実績確認等も行っています。現在は会計・経営の勉強もしています。

  • やりがい

    薬剤師として働いていたころは目の前の患者さんや店舗のことを第一に考えていましたが、もっと視野を広く持ちたいと思うようになりました。いまは経営層が参加する会議にも参加し、会社の今後や薬局業界の動向、さらには計画段階の事業のことを知れるような環境のなかで広い視野をもって仕事ができることが一番のやりがいです。

薬局事業本部マネージャー 2006年入社
山村 悠 Yamamura Yu
  • 現在のキャリアを目指した理由

    M&Aで仲間入りした薬局店舗に出向し、通常の店舗運営だけでは 経験できない多くのイベントを経験しました。 M&Aの世界に興味を持つ中で、社内公募がありチャレンジ しました。

  • 仕事内容

    薬局のM&Aによる仲間づくりを通じて、会社の規模を拡大し 地域医療に貢献できる素地を作っていくことが役割です。

  • やりがい

    譲渡側のご意見や立場もあり、なかなか上手くいかないこともあります。そのため、多くの課題・難題を乗り越えるために、知識の習得なども 必要となります。自身の成長を実感したり、成果に結びついた時の 喜びはかけがえのないものです。

コンサルティング推進部チーフ
2017年入社(中途)
川上 光 Kawakami Hikari
  • コンサルタントを目指した理由

    MR経験の中で自らの提案により顧客の悩みや課題を解決できた時にやりがいを感じました。その経験から、より踏み込んだ立場で深くクライアントの抱える課題に向き合い、 多くのクライアントの課題解決と新しい価値の提供に貢献したいと考えるようになり、コンサルタントという仕事に興味を持ち始めました。

  • 仕事内容

    薬局から異動後、コンサルタントとして病院の経営改善能力・運営管理能力を習得するため約2ヶ月間『コンサルタント養成講座』を受講しました。今後は、クライアントのあるべき姿に向けてどう進めて行くかという、いわゆる経営戦略の策定と、実践としての経営改善の支援を行っていきます。

  • やりがい

    薬局での経験もそうですが、チャレンジできることは大きなやりがいにつながっていると感じます。 コンサルタントは、クライアントを左右する課題解決に取り組め、論理的思考力や発想力を駆使して、一つの案件で高度な経験を積むことができる魅力的な仕事です。 クライアントと一丸となって経営課題を解決できた際には、大きな達成感とやりがいを得ることができると思います。

医業経営支援部リーダー 2011年入社(中途)
松井 孝介 Matsui Kosuke
  • コンサルタントを目指した理由

    薬局で働いていた時、応需先の医療機関の職場環境が悪いことに気づきました 。患者さんによい医療を提供するには薬局だけではなく、医療機関が健全でなければならないと考え、医療機関のコンサルタントに転身することを決意しました。

  • 仕事内容

    医療機関に出向し、経営支援を行っています。 精神科の病院、クリニック、グループホームの運営に携わっており、運営に関わる数字(財務)や人事(育成、組織編制)にも関わっています。如何に理事長の信用得ることができるかが重要なポイントです。

  • やりがい

    医療機関の経営支援をする中で現場の不を解決できたことでスタッフから感謝されることがやりがいに感じています。また、社内の営業マンの協力も得られる環境で、出向していても上長の支援があるため日々頑張れています。

CAREER MODEL キャリアモデル

  • 2011年入社 白濱 ちさと
  • 2004年入社 齋藤 恵太
  • 2011年入社 本田 雅志
  • 2005年入社 堀場 弘明
  • 2010年入社 桑畑 博文

CAREER CHANGE キャリアチェンジの方法

社内公募

様々な部署や研修プログラムにおいて挑戦したい人をする制度

IPO推進グループリーダー 2013年入社
原 朋矢 Hara Tomoya
  • 社内公募に応募した理由

    薬剤師から採用部へ異動し、日々業務を行いながら自身の経営視点不足に課題を抱いておりました。そんな中で、経営戦略本部の社内公募があり、絶好の機会だと感じ応募いたしました。

  • 公募の審査内容

    個人面接、書類審査、PCスキル課題がありました。

  • 現在の仕事内容とやりがい

    2025年のIPO(株式再上場)を目指して、社内内部統制整備を担当しています。総合メディカル株式会社の各部署やグループ会社、社外の方との打ち合わせも多く、刺激的な毎日です。会社の未来を担っていることにやりがいを感じます。社内公募は、受かることもあれば、残念ながら見送りになることもあります。ですが私は、挑戦する姿勢や自己を高めようとする気持ちが大切だと思います。皆さんも是非、興味がある部署へ応募していただきたいです。

自己申告

が今後のキャリアや異動などの意向・意見を会社に申告できる制度

採用部 2016年入社
岡田 拓也 Okada Takuya
  • 自己申告に記載した内容

    自己申告の設問項目に「今後挑戦したいキャリア」と「挑戦するために現在していること」があり、採用部に挑戦したい旨とそのために様々な社内研修を積極的に受けている旨を具体的に記載しました。また、薬局現場で薬剤師として感じた「会社」や「社員」の魅力をより多くの方に知ってほしい!などの自身の想いも記載しました。

  • 異動を希望した理由

    入社当初より、採用部にいきたいと思っていました。私は、「たくさんの人に影響を与えれる仕事がしたい」という想いがあり、実現できる部署が採用部だと考えていました。さらに、私の採用に関わってくれた採用部の社員と接する中で、魅力や憧れを感じたことが挑戦するきっかけになりました。

  • 現在の仕事のやりがい

    一番のやりがいは、採用に関わった学生が入社し、当社員としてイキイキと働き、成長している姿を目の当たりにすることです。だからこそ責任をもって一人ひとり親身に接するよう心がけています。また、主体的にイベントを企画し、多くの人を巻き込んで実施できたときは、達成感や充実感を感じることができています。キャリアビジョンを自分自身で描いていくための一つのツールが自己申告制度です。挑戦することは、体力を使いますし、大変なこともたくさんあります。しかし、挑戦の先に新たなやりがいを感じ、成長に繋げれることは間違いありません。総合メディカルには、キャリアフィールドが幅広く、挑戦できる環境が整っています!是非制度を利用し、やりたい業種に挑戦してほしいです。